📖

(番外編)ChatGPTをフル活用

自分に最適な音読用英文ソース&見本音声ファイルを作成

音読ルーティン用の英文をChatGPTを用いて作成する方法を紹介します。
  1. 知らない単語を10-30個用意します。ここでは知らない単語として、洋書を読んでいてどうしても気になる単語やNetflixを見ていてメモした単語など、音読ルーティンで出てきたもの以外を想定しています。音読ルーティンで出てきた単語で、どうしても覚えにくい単語なども含めて構いません。
  1. 以下のプロンプトをChatGPTに入力します。
  1. ChatGPTによって、知らなかった単語の全てが用いられた文章が作成されます。これを音読ルーティンの英文ソースとして用いると、この英文には元々知らなかった単語が密度高く入っているので効率よく学習できます。
  1. ストーリーを英語音声読み上げツールに貼り付け、お手本として使います。音声読み上げツールとしては、Natural Reader(https://www.naturalreaders.com/online/)や音読さん (https://ondoku3.com/en/) などがあります。他にも”text to speech”と検索すると多く出てくるので、UIなど含めて合うものを探してみましょう。
  1. これで英文ソースの準備ができたので、音読ルーティンを始めます。

カスタム単語帳作り

  1. 上と同様に、知らない単語を10-30個用意します。
  1. 単語をChatGPTに貼り付け、以下のプロンプトを入力します。
  1. 得られたテーブルをExcelかGoogleスプレッドシートに貼り付けると、全ての単語をそれぞれ検索することなく、一度にまとめて意味を得ることができます。
注意として、アクセントを確認をすることがやや難しいです。音声ファイルなど正しい発音によってアクセントの確認ができている場合には問題ないですが、そうでないときはアクセントのみを調べて追記してください。

面接官になってもらい、英会話

アプリ版英語の音声は非常にリアルですので、英会話の練習になります。ChatGPTの音声モードをオンにして、文章は見ずに会話してみましょう。プロンプトとしては例えば以下のようなものが使えます。
特に面接向け以外でも、日常会話などの練習もできます。英語版は音声が驚くほど自然なので、是非一度試してみることをおすすめします。

英作文の添削

自分の英語のWritingをChatGPTに貼り付けて、
と質問して添削をしてもらいます。独学では英作文などを自分で評価することが難しいため、ある程度助けになります。
すべてを見るには

返金は購入日から1日以内に申し出て下さい。詳細はこちらからご確認ください。
また、このコンテンツ以外の他の永久アクセス権は付与されない事はご注意下さい。

支払いはによって保護されています

購入済の方はこちらからログインしてください

Loading...